1. トップ >
  2. CSR >
  3. イベント

イベント

 

第32回首都高速道路工事に係わる安全管理講習会で「美守隊の効果」を発表

実施日 平成29年6月
場  所 ニッショーホール
内  容 (一財)首都高速道路技術センターが主催する安全講習会で、「美守隊の効果」と題して発表を行いました。首都高速道路㈱役職員、建設・維持管理に係わる請負者等の多数の参加者の中、当社施工の高速横浜環状北西線港北地区下部・基礎工事での安パト報告や、職場環境改善・マンネリ化の解消について紹介することができました。
第32回首都高速道路工事に係わる安全管理講習会で「美守隊の効果」を発表

長崎県より天神橋上部工工事で感謝状を受賞

実施日 平成29年3月7日(工期:平成27年9月1日~平成28年8月28日)
場  所 長崎県東松浦郡新上五島町
内  容 長崎県五島振興局上五島支所発注の天神橋で感謝状を頂きました。
これは、無事故無災害竣工工事であるのはもちろんのことですが、当社の施工技術が高く評価され、また地域の子どもたちとその家族を対象にした現場見学会で、建設事業の重要性を理解してもらい、建設業の大切さを伝える活動が高く評価されたものです。
長崎県より天神橋上部工工事で感謝状を受賞
長崎県より天神橋上部工工事で感謝状を受賞

「けんせつ小町フォーラム」でパネリストとして参加

実施日 平成29年2月2日
場  所 福岡県 福岡国際会議場
内  容 (一社)日本建設業連合会が主催する「けんせつ小町フォーラム」が九州地区で初めて開催され、福岡支店工事部の下川愛さんがパネリストとして参加しました。『働く女性の悩みを解消!けんせつ小町が笑顔で働き続けるために』をテーマとして、建設業で活躍されている女性5名によるパネルディスカッションが行われました。ほぼ満席の会場は半数以上が女性の参加者で、その後の交流会も情報交換の場として大盛況でした。
「けんせつ小町フォーラム」でパネリストとして参加
「けんせつ小町フォーラム」でパネリストとして参加

新上水流橋 橋名板取付式

実施日 平成28年9月
場  所 鹿児島県出水市
内  容 ツル渡来地の鹿児島県出水市に施工中の新上水流橋で、地元の小学生が書いた橋名板の取付式を行いました。式には発注者や工事関係者が参加する中、永松さんと西池君に感謝状と橋名板レプリカを記念品として贈呈しました。『大人になっても残るものなので、採用されてとてもうれしい』との喜びの声をいただきました。
   
 
新上水流橋 橋名板取付式
新上水流橋 橋名板取付式
新上水流橋 橋名板取付式

全国建設業労働災害防止大会で「美守隊安パトの効果」を発表

実施日 平成28年9月
場  所 名古屋国際会議場
内  容 建設業労働災害防止協会が主催する全国大会で、「女性社員による安全パトロール『美守隊』の効果」と題して発表を行いました。3,000人を収容するセンチュリーホールで、美守隊安全パトロールによる職場環境の改善と安全意識のマンネリ化の解消について報告しました。このような大きな全国大会で、当社が取り組む女性目線による安全パトロールの効果を、参加された多数の方々に紹介することができました。
   
  発表内容はこちら
全国建設業労働災害防止大会で「美守隊安パトの効果」を発表
全国建設業労働災害防止大会で「美守隊安パトの効果」を発表
全国建設業労働災害防止大会で「美守隊安パトの効果」を発表

厚狭川の「鴨橋」で橋の完成を祝う渡り初め

実施日 平成28年3月
場  所 山口県山陽小野田市
内  容 当社が施工した山口県山陽小野田市の鴨橋(山口県宇部土木建築事務所発注)で3月20日に開通式があり、多くの地元住民らが新しい橋の完成を祝って渡り初めに参加しました。鴨橋は、平成22年の豪雨災害を受けて県が河川改修を進めている厚狭川での架け替え工事であり、平成27年10月に完成しました。当日の式典終了後には、地元自治会が中心となって、餅まきなどの記念行事も行われました。
   
  山口新聞(平成28年3月21日付)掲載記事はこちら
厚狭川の「鴨橋」で橋の完成を祝う渡り初め

第1回けんせつ小町活躍推進表彰を受賞!石井国土交通大臣へ表敬訪問

実施日 平成28年3月22日(火)
場  所 東京都 東京建設会館および国土交通省
内  容 (一社)日本建設業連合会が女性活躍を推進する取り組みを表彰する『第1回けんせつ小町活躍推進表彰』で、福岡支店工事部の下川愛さんが『優秀賞』を受賞いたしました。従事中の住吉橋で、佐賀国道事務所が受け入れている出前講座(現場見学会や研修会)に協力し、訪れる参加者に土木で働く女性を直接「見て、聞いて、話して」もらい、土木の楽しさを「感じて」もらう活動が評価されました。表彰式の後、受賞者で石井国土交通大臣を表敬訪問し、受賞した喜びと活躍の取組を報告することができました。
   
  表彰状(PDFファイル)
  国土交通省HP
  日本建設業連合会HP
第1回けんせつ小町活躍推進表彰を受賞!石井国土交通大臣へ表敬訪問
第1回けんせつ小町活躍推進表彰を受賞!石井国土交通大臣へ表敬訪問

宮崎県本庄橋『圧気工法特別講習会』

実施日 平成28年1月
場  所 宮崎県宮崎市
内  容 宮崎県で施工中の本庄橋で、安全教育の一環として圧気工法の特別講習を開催しました。講習会では、高気圧下での体組織の医学的知見について、東京医科歯科大学の柳下和慶部長の講演が行われました。また、日本圧気技術協会から改正高気圧作業安全衛生規則の留意点などの解説が行われました。参加された発注者からは、「分かりやすい説明で大変参考になった。受発注者が協力して安全対策を行っていきたい」との感想をいただきました。
宮崎県本庄橋『圧気工法特別講習会』
宮崎県本庄橋『圧気工法特別講習会』

西日本新聞社こども記者による現場取材

実施日 平成27年11月
場  所 佐賀県伊万里市
内  容 当社施工中の住吉橋で『西日本新聞社のこども記者』による現場取材を通じて、事業概要・橋梁架設の技術・けんせつ小町や美守隊など女性参画の活動を紹介しました。また、新聞記事を通じて、道路の役割や土木の魅力、担い手確保への取り組みを情報発信することで、建設業の広報活動に貢献しました。
   
 
西日本新聞社こども記者による現場取材
西日本新聞社こども記者による現場取材
西日本新聞社こども記者による現場取材
西日本新聞社こども記者による現場取材

大分県『新技術・新工法説明会』 仮締切STEP工法説明

実施日 平成27年10月23日
場  所 大分県トラック会館5F大会議室
内  容 大分県建設技術センター主催『新技術・新工法説明会』の教科目の1つとして「仮締切STEP工法について」工法の説明、施工事例を紹介しました。研修対象者は県及び市町村職員、設計会社職員の60名が受講されました。
興味を持って聴いていただき、今後のSTEP工法の採用が期待されます。
大分県『新技術・新工法説明会』 仮締切STEP工法説明
大分県『新技術・新工法説明会』 仮締切STEP工法説明

東京湾大感謝祭2015に参加しました!!

実施日 平成27年10月24日(土)~25日(日)
場  所 神奈川県横浜市
内  容 10月24日~10月25日、横浜の赤レンガ倉庫で「東京湾大感謝祭」が開催され、当社も昨年に引き続き出展しました。このイベントは、「海の再生を考え行動するきっかけを提供する場」として、国土交通省関東地方整備局の共催で東京湾大感謝祭実行委員会が主催したもので、「東京湾を感じて、学んで、味わう2日間!」というテーマのもと様々なイベントが行われました。
当社からは、東京湾沿いで行っている工事の紹介や、当社の活動にも興味を持って頂けるようケーソンショベル(工事機械)の操作を体験してもらうコーナーの設置、PC桁緊張模型の実演、大型モニターを使った工法紹介を行いました。中でも体験コーナーではお子様をはじめ幅広い年齢の方に参加して頂き大変なご好評を頂きました。
会場には88,000人のお客様が訪れ、乗船体験や釣り体験など東京湾を身近に感じられる2日間となりました。
   
東京湾大感謝祭
東京湾大感謝祭
東京湾大感謝祭
東京湾大感謝祭

ビジネス交流会 女性目線による安全パトロール「美守隊」のご紹介

実施日 平成27年5月
場  所 東京都 如水会館
内  容

女性活躍推進をテーマにしたビジネス交流会で、美守隊の活動報告を行いました。

様々な業界から参加された90社260名の盛大な会場で、安全意識の向上と環境改善、会社全体が活性化する美守隊の活躍を紹介しました。各社のダイバーシティ担当などからも、大変高い関心を寄せていただきました。

   
 
美守隊講演状況美守隊講演状況
オリエンタル白石美守隊ブース美守隊ブース

瀧ノ本橋 橋名板取付式

実施日 平成26年12月
場  所 福岡県築上郡築上町
内  容 地元の西角田小学校6年生の生徒達と一緒に、橋名板設置を行いました。この橋梁は【けやき橋】という名称に決まりました。これは生徒達が自ら考え、橋名板の文字も書いていただきました。慣れない手つきでしたが一生懸命作業してもらい、きれいに取り付けることができました。
   
瀧ノ本橋 橋名板取付式

「永代橋」の再建工事写真寄贈で、東京都建設局より感謝状を授与されました

実施日 平成26年11月10日(月)
場  所 東京都建設局局長室
内  容 永代橋再建工事の記録写真が当社保管資料から見つかり、東京都へ寄贈しました。
永代橋の再建工事は、隅田川架橋の関東大震災復興事業第一号として日本で初めて「潜函」工法と呼ばれる工法で行われました。この工法の導入において、旧内務省復興局の嘱託としてアメリカとの一切の交渉を担当したのが、当社創業者の1人である白石多士良でした。エッフェル塔やブルックリン橋でも使用されていたこの潜函工法は、日本でも永代橋での導入後、全国の橋梁建設に広がりました。
今回寄贈した500枚ほどの写真は、当時の工事手法や工程を知ることができ、今後の補修にも役立つ貴重なものとして東京都建設局から感謝状を頂きました。また、土木学会主催「土木コレクション2014」と共催の東京都建設局主催「東京の橋パネル展」に展示された他、東京新聞や日経コンストラクションケンプラッツでも紹介されました。
 
 
東京の橋パネル展 展示風景
東京の橋パネル展 展示風景
今回寄贈した永代橋工事記録写真より抜粋
今回寄贈した永代橋工事記録写真より抜粋 (資料PDFファイルはこちら
写真寄贈式の様子
写真寄贈式の様子
-横溝東京都技監を囲んで
前列中央左:横溝東京都技監
前列中央右:当社社長 井岡
(提供:東京都建設局)
感謝状
感謝状

元村橋 橋名板取付式

実施日 平成26年8月
場  所 鹿児島県薩摩川内市
内  容 地元の入来小学校の生徒達が清書した文字を橋名板に採用し、橋名板の取付式を行いました。生徒達は橋梁に直接携わることができ、より親しみを持ってもらえました。また、地元住民のみなさんには公共工事に対するご理解をより深めていただけたと感じています。
   

里山づくり活動

実施日 平成24年1月14日(土)
場  所 栃木県真岡市
参加者 関東工場ほかから13名
内  容 主催者である「もおか環境パートナーシップ会議」の趣旨に賛同し里山づくり活動を行いました。(平成22年の参加に続き2回目の参加)
   
里山づくり活動
里山づくり活動

関東工場ものつくり体験

実施日 平成22年11月27日(土)
場  所 栃木県真岡市
参加者 当社社員7家族
内  容 「ものづくり」体験を通じて建設業のイメージアップ向上を目指します。
   
関東工場ものつくり体験
関東工場ものつくり体験
PageTop